日本海事検定協会トップページ > 損害検査

損害検査

業界随一のネットワークと経験豊かな検査員がお客様に対応いたします。

貨物損害検査

貨物に損害があった場合、その損害の程度、原因などを調査し、求償の手続きをとることが必要となります。求償の相手は保険会社、荷送人、輸送業者等様々です。NKKKは損害調査に加えて事後処理に関する適切な勧告を行い迅速・的確な鑑定書を提出することで貨物事故の早期の解決に貢献しています。NKKKの損害貨物検査は損害保険各社から絶大な信頼をいただくと共に、海外の荷送人に対しても有効に機能しています。

お問い合わせ高さ調整 検査第1サービスセンター  tel : 03-3454-7594 お問い合わせ

船舶損害検査

海難事故があった場合、NKKKは迅速・的確な船体や機器の損傷状態・原因の調査を行い、必要に応じて妥当な修繕仕様の決定や修繕費の算定も行い、迅速・的確な鑑定書を発行します。
 船舶に通じた検査員があらゆる船舶損傷事故にも対応できる体制を全国的に展開しています。 NKKKは、船舶の損害検査のみでなく共同海損の清算に必要な船舶・貨物の検査においても長年の実績があり、損害保険会社、船社など幅広い関係者からご依頼を頂いています。

お問い合わせ高さ調整 検査第1サービスセンター  tel : 03-3454-7594 お問い合わせ

損害調査・査定(ノンマリン関連検査)・インターナショナルアジャスティング

貨物損害検査・船舶損害検査以外にも下記の分野で信頼性の高いサービスを提供しています。各種保険の損害調査業務では、迅速な現地調査による原因究明と的確な損害額の算定により保険金支払いまでの期間短縮に貢献しています。また、あらゆる損害調査に即座に対応できる体制を整えています。過去の大型台風、大震災による広域災害では大量の調査員を動員し、その実績は高い評価を頂いております。さらに、国内で数名しか資格を有していないインターナショナルアジャスターを擁して、大規模事故や国際的なアジャスティング業務にも対応しております。


賠償責任保険にかかわる損害調査業務
動産総合保険にかかわる損害調査業務
土木工事保険、建設工事保険、組立保険にかかわる損害調査業務
機械保険にかかわる損害調査業務 ヨット・モーターボート総合保険にかかわる損害調査業務
火災保険にかかわる損害調査業務
貨物運送保険、運送者賠償責任保険にかかわる損害調査業務
自動車保険(対物)にかかわる損害調査業務
その他の新種保険にかかわる損害調査業務
損害防止のための調査(Loss Prevention)
付保物件の評価額鑑定(平場鑑定)
予想最大損害額の算定(PML)

お問い合わせ高さ調整 検査第1サービスセンター  tel : 03-3454-7594 お問い合わせ

損害検査

CONTENST

新規ご利用はこちらから

お問い合わせはこちら